• --.--.--
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 2010.01.25
  • もたらされたものは疲労感のみ

    23日土曜日にあった『ハルの心配事』なるローカルイベント。
    100123_01.jpg
    集合場所がブリ銀前ということで、久々にこの場所が賑わった。

    ハルの頼みを聞いて、『連絡の取れなくなったメソナの様子を見に行く』ことに。
    そのメソナという人物は、最近仕事に就いた女性で、料理が得意な魅力的な人らしい。
    前半はともかく後半はどうでもいいがな……、と思ったが、これがある意味伏線だった。

    ハルの案内で、メソナの家の近くまでゲート移動する。
    100123_02.jpg
    どういう場所にお住まいなんでしょうね……?

    ↓こんな岩が道を塞いでるし?
    100123_03.jpg
    ちなみにこの岩は、岩と同色の『Fruity Jelly』を食すことでどかすことが出来ます。

    こんなのが4箇所ありました。


    黙々と腹を減らし、ゼリーという名のスライムを喰う。
    100123_04.jpg
    しかしこのゼリー、2口で満腹になってしまうという、とんでもないシロモノ。
    運び込まれた毒や罠箱、更には滅びの外套を使って、皆必死に腹を減らす。

    ↓その過程で死に至る者まで……。
    100123_05.jpg
    まさに、『食い倒れ』。

    と、かなり端折って書いてしまったが、順調に進んだのは第2ポイントまでで、第3ポイント辺りで参加者に疲労の色が見え始め、第4ポイントにいたっては『うんざり』といった気配が場を満たし始めた。

    ぶっちゃけ、バランスが悪すぎる。
    喰い進むというイベントならば、満腹設定をもう少し下げるべきだろう。
    もしくは、岩を崩す難易度を下げるべきだった。
    一般シャードに参加した人にも話を聞いたが、他シャードでも後半はグダグダになっていたというから、人海戦術に頼れない無限ゆえのつまづきという訳でもないと思う。

    1時間半ほどかかったが、それでもどうにか最終関門を突破し、目的地へとなだれ込む。
    100123_06.jpg

    グダグダな進行に反比例するかのような能天気な色彩の家に殺意を覚えたのは私だけではあるまい。
    100123_07.jpg

    ↓この家の主、メソナ。
    100123_08.jpg

    キーワードに反応して喋るだけの完全NPCでした!
    100123_09.jpg
    新しいスイーツを作るのに夢中になって、仕事も忘れていたらしいですよ!
    この不況の中で、ナニふざけたことぶっこいてんですかね!?
    誰か黄色ネームの殺し方を知ってる人いませんか!?
    こいつだけは絞めておきたいんですが!!

    結論として、イベントはこれで終わり。
    メソナが一緒にブリに戻るわけでもなく、ハルが来るわけでもなく、またブリに戻ってもハルはおらず。

    100123_10.jpg
    みんなで愚痴って解散。

    参加した皆さん、本当にお疲れ様でした。
    毒や罠箱や滅びの外套を提供してくださった方々、ありがとうございました。


    スポンサーサイト

    テーマ : Ultima Online
    ジャンル : オンラインゲーム

    コメントの投稿

    非公開コメント

    あーら

    ぐーすか寝ている間にこんなめんどくsたのしそうなイベントがあったのネ

    HP回復1を6部位に付けたN革鎧セットでも作れば少しはらくだったかもねぇ~

    いやもう、ほんとグダグダで・・・・・・。
    回復よりも『腹減り1』プロパティが欲しかったわ~。
    プロフィール

    Filam

    Author:Filam
    日々是無限ライフ

    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    カテゴリ
    リンク
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。